Fujikura

  • 製品情報
  • 技術情報(CCH)
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お知らせ
  • お問い合わせ

会社情報 つなぐ”テクノロジーで未来をひらく

  

沿革

  
1974 日本電信電話公社(現 NTT)向け巻付グリップ専業メーカーとして発足
1981 MCコネクタの製造開始
全国通信線路用機器材工業協同組合(現 全通協)の結成と同時に加入
1986 メカニカルクロージャの部品製造開始
1988 光コネクタ(GI型)の製造開始
1989 巻付グリップの素材に高耐食メッキCR線導入
1990 構内用配線盤の製造開始
1991 架空PATコネクタの製造開始
1992 現場付けMTコネクタ(プレス成形)の納入開始
1993 ワイヤ・放電加工機を設置、金型類の内作に着手
海外向け光コネクタの製造開始
1995 (株)ジャパンリーコムに資本参加
1996 光配線盤の製造開始
1998 NQAS認証取得
ISO9001認証取得
2000 SM型低損失MTコネクタ(プレス成形)の製造開始
2001 ISO14001認証取得
民需向けイージースプライスの製造開始
2002 現場付けMT-R(射出成形)の納入開始
メカニカルスプライスの製造開始
2003 コサインカーブハンガ(略称:CCH)の開発に着手
2004 創業30周年
MTコネクタ(2MT-MM)自動バリ取り機を開発
現場付け高速MT(MT-RH)の納入開始
2005 CCHの納入開始(試行導入)
メカニカルスプライス自動組立機を開発
MTコネクタ自動外観検査機を開発
2006 フジクラ社長表彰を受賞
(テーマ:メカニカルスプライス自動化技術開発によるコストダウン)
CCH製造タンデム機を開発
2007 フジクラ社長表彰を受賞
(テーマ:CCHの開発)
CCHでNTT東日本・NTT西日本より感謝状を受賞
(テーマ:一束化ハンガのコスト削減及び施工効率向上)
CCH特許取得
2008 CCHがNTT東日本・NTT西日本で全面採用
2009 (社)発明協会の東京都知事賞を受賞
(テーマ:CCHの構造基本特許)
2010 各種工作機械を追加設置、金型類内作の充実
2011 ステンレス・ケーブル・プロテクター(SCP)をリリース
2012 グループ会社向け自動化設備及び金型の製造販売を開始
CCH-SH連結具をリリース
SZチューブをリリース
2013 束巻きケーブル・CCH兼用繰出し機がNTT西日本様で採用
ステンレス・ケーブル・プロテクターが、太陽光発電パワーケーブルの生物被害防止部材として京セラソーラーコーポレーションに採用される
2014 創業40周年
CCH、インドネシアで敷設実験
長スパン架渉用CCHがNTT東西で導入
2015 フジクララインテック台湾社を子会社化